スポンサーリンク

元ネタ「鷲に赤ん坊を取られる話」より、猫が家族になった若夫婦と強運の猫

時事・その他
当サイトはPR、広告、アフィリエイト広告、本ページはプロモーションが含まれています

 

赤ん坊:子猫

但馬 七美の郡 川山の夫婦:若夫婦

丹後 加佐の郡の男:環境省 猛禽保護センターの男

元ネタは「今昔物語」、勝手に解釈!今で考えて見たらこうなりました。

2024年スーパームーンはいつ?月の出と月の入の時刻はこちら!

便利!「ミルクとけだすティーバック」あったらいいながありました!

スポンサーリンク

鷲に赤ん坊を取られる話より

猫が家族になった若夫婦と強運の猫

若い夫婦の家の物置で野良猫が子供を産んだ、かわいい三毛猫3匹と黒い色の子が1匹。

夫が庭の草むしりをしているときに子猫の声で気が付いた、動物好きだったため早速保護したのだが、里子に出すのが惜しくなるな、と夫は目じりを下げデレデレだった。

妻ももちろんかわいくてしょうがないのだが、

「でも5匹も飼えないわよ、母猫は避妊手術して、後飼っても1匹だけね、残念だけど3匹は里親を探しましょう。」

夫はションボリしつつも、町内会の掲示板にチラシを貼ってもらえるように町会長さんに電話をした、写真を送って欲しいと言われたので何枚も子猫たちの写真を撮った。

「よし!力作が撮れたぞ!さっそく会長さんに送信だ!」

4匹の写真を撮るのにゆうに2時間は費やし、妻はそれを笑って見守りつつ、数枚自分でも写真を撮り、待受けにした。

会長さんの心にクリーンヒットしたらしく、黒い色の子が貰われることになった、会長さん曰く、

「黒猫がいると幸せがやってくると言うからね。」

とのことだった、うちは残った子にしよう、福を呼びそう!と妻はが言うのでそうすることにした。

張り紙をして2週間、2匹の三毛猫も貰われていった、残ったのは右に眉毛のような模様がある子だった。

母猫と右眉の子猫は夫婦の家で暮らすことになった、夫婦は子供がまだいなかった為、それはそれは猫たちを可愛がり、最初は用心していた母猫も今はすっかり気を許しているようだ。

天気も良く気持ちの良い風が吹いていた日曜日、夫婦は猫の親子を庭に出して遊ばせた、母猫は日向でのんびり丸まっている、4月も近くとはいえ寒い日も多い、それでも子猫は庭ではしゃぎまわっている。

夫は妻に問いかけた、

「なぁ、猫って春になると発情して子供を作るんじゃないっけ?今、春だよなぁ、ちっとも暖かくないけど。」

パシャパシャと母猫をスマホで写真を撮りながらなにげなく口にした。

「どこってわからないけど、ここらでブリーダーしてる人がいて、最近飼育崩壊とか騒いで人が来てたんだよね、もしかしたらそこから逃げた猫だったり?あら、そうしたらどこかに申請しないといけないのかしら??」

今まで動物を飼ったことが無い夫婦は、色々法律あったり?と頭をひねった、

「警察に今度相談してみようか、すでに里子に出た後だから怒られるかもなぁ、まったく考えも…。」

話している最中だった、 バッサ バッサ と嫌に大きな羽音が聞こえた、音のする方に目を向ける夫婦、目に入ったのは大きな鷲が子猫を掴んで飛び立つところだった、

「おい!」

「なんでーーー!」

夫は慌てて鷲の方へ走り寄るが間に合わず、妻は目の前の事が信じられず思わず叫んでいた。

ここは近くに山もあるので遠目に鷲や鷹を見たことはあるが、人間の近くまで近寄るような生き物ではない。

あまりにも一瞬の事ですべてが間に合わなかった、目線を上に向けた時にはかなりの距離が開いており、夫は狂ったように叫び追いかけたが間に合わなかった。

夫が家に戻ると妻は庭に膝をついたまま動けない状態で、とにかく妻を支え家に上げた、どうすれば、何をすればいい?夫は思考がまとまらずソファーに座り込んでしまった。

「そうだ、スマホ…。」

妻は慌てて自分のスマホを掴み、見るだけだったSNSに子猫の写真を載せて助けを求めようとした。

【#兵庫 #子猫 本日10:30頃庭に居た子猫が鷲に連れ去られました、右目の上に眉毛のような模様があります、見かけた方情報を下さい。[写真]】

それをみた夫も真似をして今まで気にしてなかったSNSに登録し、妻に教えて貰いながらアップしていった。

「俺、一応他に情報あるかもだから、警察に相談だけしてくる…。」

夫は藁にも縋る思いで警察へ赴き説明だけした、なぜか笑って無理じゃないか?見つからないと思いますよ、と追い出された。

別に探して欲しかったわけじゃない、何か連絡があったら教えて欲しいと言ったつもりだったが相手にされなかった。

いぬのきもち&ねこのきもち

トボトボと家に戻ると妻はスマホから一切目を離そうとせず、ただリロードを繰り返していた。

小春日和だと思った日曜日は心の底から冷え切ってしまった、家族になったばかりの暖かい生き物が冷たくなる想像ばかりが頭に浮かび気持ちは落ち込むばかりだった。

それでも月曜日なれば会社に行かなければならない、夫はなんとか着替え、家を出ようとした、妻はスマホを握ったまままだ寝ていたが、きっと寝たのは遅いはずなのでそっとしておいた。

正直仕事が手につかない夫だったが、目の前の内容をひたすらこなした。

昼休みに何か情報が無いかと買ったパンを片手にスマホを開いた、そこには夫のSNSに連絡が入っており、期待に満ちて①と出ているマークを押した。

【自分は環境省の物で〇〇と申します、猛禽保護センターで働いており、昨日鷲がいない間に、卵のチェックをしていたところ子猫が降って来て母鷲に威嚇されました、その子猫がSNSでお見受けした写真にそっくりでしたので連絡致しました、心当たりがありましたらご連絡ください。】

写真も送られてきており、子猫と身分証明書のカードが一緒に写っていた、間違いなくそれは若夫婦の子猫で元気そうに威嚇顔をしていた。

夫は急いでSNSの返信の仕方を調べ、返事をした、もうパンのことなど忘れいた。

【ご連絡ありがとう御座います、私し兵庫県●●市在住の□□と申します、まちがいなくうちの猫です、早速ですが引き取りに行きたいので都合の良い日時と場所を教えていただけないでしょうか[写真]】

念のため母猫と一緒に写る子猫の写真も添付した。

夫はもらった連絡を急いでスクショを取り妻へメールした、返事したことも添えたのでこれで安心だろうと胸をなでおろしたら、早速電話が鳴った。

「みじゅyhBんXbdyのたの!?」

妻は相当慌てていたようで大声で意味不明な言葉になっていた。

「落ち着いて、大丈夫だから。」

夫はやっと今日初めての笑顔になり、妻をなだめた。

夜に又連絡をもらえ、月~金、8:30~16:45ならいつでも引き取り可能な旨と住所が送られてきた、なんとその住所は京都だった、あの鷲は短時間に県をまたいだと言うのだ。

「有休を取って明日迎えに行ってくるよ。」

と言う夫に妻は、

「あら、明日は私のパートお休みなの、私がいくわ!」

やっと顔色を取り戻した妻はもう行く気満々だ。

正直言うと今にも子猫を迎えに行きたいくらいの気持ちの夫だったがここは妻に譲った、今日あまり仕事に手が付かず残してきた物も多かったので不安もあったのだ。

「あ~、でも僕も行きたいなぁ!明日もし半休もらえたら連絡するね!だからお迎えは午後にしよう?」

「しょうがないわね、明日の15時くらいお伺いでどうかしら?あなたの会社から京都まで1時間半で着くでしょ?2時に落ち合って行きましょう。」

子猫の安全が確保されたからか夫婦はのんきな引き取り計画を立てるのだった。

 

—————————

その後①
夫「急ですみません、本日半休をいただけないでしょうか?」
上司「え?なんで休みたいの?」
夫「攫われた猫が見つかりましたので迎えに行きたいんです。」
上司「はぁ?たかが猫のことで休みたいって!仕事舐めてない?さっさと机に戻って仕事して!」

その後②
社員1「うわ、有給に理由聞いてるよ。」
社員2「えー、私も猫飼いなんだけど…。」
社員3「うちは犬。」
社員4「私はカメレオン。」
社員1「ここっていざってとき休ませてくれない会社なのか。」

その後③
上役「上司君、風の噂で聞いたんだけど、有給をとろうとした社員に理由聞いて、たかが と言って却下したんだって?繁忙期ならともかく閑散期に有給とれない会社の評判ってどう思うかね?」
上司「な!誰ですかそれを言ったのは!不届きな!」
上役「そういう考え方なんだね、君は人の上に立つ器じゃないかもしれないね。」

その後④
妻「この度はありがとう御座いました、この子は私たちには家族ですので本当に見つかって良かったです。」
保護センターの男「よかったです、どこかで何か1つでもタイミングが狂ったら無惨な事になってたと思います。」
妻「それでは夫が帰ってくる時間には家に戻りたいのでお暇させて頂きます。」
?「……、あぁぁぁぁぁ、……、右眉にゃんこがぁぁぁぁぁぁぁぁ……かえ……、癒しがぁ!……にゃんこおおおおおおおおおおぉぉぉぉ!」
妻「あの。」
保護センターの男「すみません、すっかり事務所のアイドルでして、猫好きもいた物ですから…、ワスレテクダサイ。」

 

【ペロリコドッグフード アレカット】低アレルゲンドッグフード

 

感想

本文では攫われるのは人間の赤ん坊なんですよね、なので最初はあかちゃんが人攫いに!?って考えたのですが、なんだか心が痛くて猫に役をお願いしました、決して猫なら攫われてもいいとは思ってませんが、人間で書く勇気がでませんでした。

そして縁とは不思議で凄い物ですね、今は世界中どこにいても、自分が何しているかいつでも発信できますが、昔は口伝くらいしか広める物は無く、それでも出会えた親子、育ての親も情が深く、自分も親として欲しいと、いい人たちで良かったなーーーとほんわかしました。

でも!攫われて、助かって、育てて貰えてけど近所の子供たちには「鷲の食べ残し」といじめにあうんですよね、打ったり叩いたりと書いてあった、今も昔も自分と違うと虐めの対象なのは変わりがないのか、と残念な気持ちです、助け合う人もいるはずですが、悪い話や内容の方が後世に残りやすい気がしますね。

鷲と鷹の違いってなんだろう?と調べましたら大きさの違いで、70cm以上の大きい鳥が鷲、それ以外の猛禽類は鷹だそうです、オオワシっと言う名前は聞いてもコワシって名前は聞かないなと検索してみたら、苗字で小鷲(こわし/おわし)と言うのはあるのに名前としては鷲についてないのがなんだか奇妙だなと思いました。

そして物語でも兵庫から京都へと飛んでるんですよね、現代でどこからどこ?と思ったのですが調べても明確にここからここ!と出なくて割愛させていただきました、1日に400キロ飛んだ記録もあるそうです、鳥の持久力ってすごいですよね。

りっくう3mで息切れするっぴぃ!

ごめんね、家飼いだとどうしてもね…。

 

au PAY ふるさと納税
りっくう
りっくう

最後までお読みいただきありがとう御座いました。

元ネタ「危うく密男(みそおか)とまちがわれる話」より、踏んだり蹴ったりを経験した男

呪術廻戦、刀剣乱舞、サンリオがきゃらぺいっ!に♪ディズニーもとうとう!
劇場版シティハンター2023年9月公開!声優さんは?
家族型ロボットLOVOT(ラボット)がガチャ(R)になりました、設置店は?
ミスド福袋2024今年もかわいいポケモン!発売日は?内容は?
老舗洋菓子店「近江屋洋菓子店」がガシャポン®になりました、設置店は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました